知ってる?prawnとshrimpの違い ちょっと気になる英語の疑問をカンタン解説

この間初めてprawnという単語を聞きました。
手元の辞書で調べてみると、出てきた意味は「エビ」。
なーんだエビか。
え、でもエビってshrimpじゃなかったけ?
そう思っていると、「エビ」という意味の下にカッコに囲まれて(shrimp)を発見。
似た意味の言葉ということらしいのですが、くわしい説明が特にありません。
そこで、prawnとshrimpの違いについて少し調べてみました。
日本人ならまとめて「エビ」と呼んでしまうところですが、意外と細かい違いがあるようです。

これはprawn?shrimp?

問題です!
上の写真はprawnでしょうか?shrimpでしょうか?
画像は大きめですが、実際は親指と人さし指で作ったOKマークサイズだと思います。
大きさの話をしたのは、prawnとshrimpのいちばんわかりやすいちがいが大きさだからです。
それぞれの意味を辞書で確認してみましょう。

・shrimp (食用の)エビ《prawnより小型のもの》
   ちび;取るに足りない人

・prawn エビ《クルマエビなど中型のエビの総称》
参照:ジーニアス英和辞典

つまりshrimpはprawnより小さいエビってことです。
クルマエビのサイズでprawnなら、shrimpはグラタンの上の小エビとか、桜エビくらいのサイズになるでしょうか。
それでいくと、上の写真のエビはshrimpになりそうですね。
shrimpに「ちび」や「取るに足りない人」という意味があるのも、小さめな印象があるからだと思います。
ちなみに、prawnより大きいのがlobster。高級レストランでお目にかかるアレです。
伊勢エビは和英辞典で調べるとlobsterと出てきました。
まとめるとshrimp<prawn<lobsterということみたいです。
ちなみにlobsterにはでっかいハサミがありますが、prawnとshrimpにはありません。

スポンサードリンク



じつは体のつくりにも違いが…

大きさだけでなく、体のつくりも少し違います。
shrimpが長生きしてprawnになってしまう、ということはなさそうですね。
具体的にどこが違うのかというと、

・ prawnは背中が丸まっているが、shrimpはややまっすぐ(途中でカクッと折れている)

・prawnは前の足が6本(3本ずつのペア)、shrimpは4本(2本ずつのペア)

・殻の形が違う

などなど。

生物学的にはもっと細かい区別があるみたいです。
でも正直よくわかりませんでした。
それにこういう区別を知っていても、私たちの普段の生活にはまったく関係ありません。
なぜなら、料理されてしまえば見た目の差がなくなってしまうから。
上で紹介した3つの違いは、最もわかりやすいものだと思うのですが、料理されれば判別不能。
エビを使った料理を注文して「shrimpが入ってる!」といったところで、「いや君、これは前の足が6本ついていたらしき跡があるからprawnだろ!」なんて怒られることはありません。
殻を取れば同じ見た目ですし、熱を通せばどっちも丸まります。
ネイティブもサイズだけで判断しているみたいです。

国によっても違いが!?

大きさや体のつくりに違いがあるprawnとshrimp。
じつは、英語圏の国の中でも使われ方に違いがあるみたいなんです!
イギリス英語の国(イギリス、オーストラリア、ニュージーランド)では、prawnとshrimpを区別して使っています。
しかし、アメリカやカナダでは、prawnサイズでもまとめてshrimpと呼んでいるそう。
日本人が桜エビも伊勢エビも「エビ」といっているのと、同じようなニュアンスですね。
北米ならprawnとshrimpの使い分けを知らなくても大丈夫そうです。
私がprawnになじみがなかったのも、日本の学校で教えられているのがアメリカ英語だからかもしれません。
でも、特に大きさを指定しないで「エビ」といいたいときは、どうしたらいいでしょうか。
「私はエビが好きです」って日本人がいうとき、「特に小エビが」とか「エビフライサイズのエビだけが」なんて考えている人はなかなかいないと思います。
そんなときは、それぞれの国で「エビ」の総称に使われている単語を意識してみるといいかもしれません。
アメリカ英語でエビといえばshrimp。
イギリス英語でエビといえばprawn。
こんなところにも違いがあるなんて、おもしろいですね。

prawnとshrimpの違いまとめ

助動詞+have+過去分詞の覚え方がわかる! 意外とカンタンな意味と使い方

 

・prawnは中型のエビ、shrimpはそれより小さいもの
・体のつくりも少し違う
・国によっても呼び方に差がある

やっぱりいちばん大きな違いはサイズですね。
そういわれてみれば、たしかにshrimpのほうが小さくてかわいらしい感じの響きです。
とはいえ、間違えたところで伝わらないものでもなさそうです。
メニューにprawnと書かれていたとき、「ああエビのことだな」と自分でわかれば十分だと思いますよ。

\こどもえいごオンライン WORLD GO!GO!配信スタート/

※世界各国の文化と共に楽しんで英語を学べます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です