bugとinsectの違いをかんたん解説! 知らなきゃ使えない「虫」を表す言葉

「私は虫が苦手です」
こういう文を作ろうとして、和英辞典で「虫」と引いてみると、2つの単語が出てきます。そう、bugとinsectです。
どっちが私の考えている「虫」なんでしょうか。
わからないので、今度はbugとinsectを英和辞典でそれぞれ調べてみると、

bug:「昆虫」
insect:「昆虫」

あれっ? 同じ?

こんなふうに、辞書を引いてもよくわからない違いってありますよね。
しかし、bugとinsectにはちゃんとした使い分けがあって、意味も少し違います。
じゃあなんで辞書では同じ意味が出てくるのかというと、じつは、日本語の「虫」にはbugとinsectのような使い分けがないからなんです!

スポンサードリンク



bugとinsectはどちらも「虫」?

結論からいえば、bugとinsectは「虫」というより「昆虫」です。
日本語の「虫」には、昆虫や幼虫、ミミズのようにニョロニョロした虫など、いろんな種類の虫がふくまれていますよね。
英語では、「虫」のように幅広い意味を持つ言葉はありません。
だからbugもinsectも、「虫」というよりは「昆虫」に限定して使われます。
昆虫とは、体が頭・胸・腹に分かれていて、胸から6本の脚が生えているもの。
だから昆虫ではないミミズやクモは、厳密にはbugでもinsectでもありません。
で、bugとinsectの使い分けですが、だいたいこんな感じです。

 insectは日常会話ではムカデやクモなど、昆虫以外の虫を表すこともある
 bugはinsectより小さめの昆虫
 アメリカ英語では、日常会話ではbugを使うことが多い
 bugはイギリス英語ではナンキンムシ(室内にいる、人の血を吸うシラミ)を指す

つまり、「昆虫」はinsect。
その中でも小さいものがbugで、アメリカではこちらのほうが普段よく使う呼び方。
という感じですね。
日本語では大きさに関係なく「昆虫」ですし、普段よく使う呼び方も「虫」なので、辞書ではbugもinsectも同じ意味になってしまう、というわけです。

bugとinsectのその他の意味

じつはbugとinsectには、「昆虫」以外にちょっとおもしろい意味があります。
まず、bugは「ばい菌」や「病原体」を指すことがあります。
たとえば、インフルエンザウイルスはa flu bugです。
小さい昆虫のイメージから菌やウイルスにつながるのは、日本語にはない発想ですね。
菌そのものではなく、菌が原因で起こる「軽い病気」という意味になることもあるようですよ。
たとえば、a stomach bugで「胃の痛みを伴うかぜ」。
日常会話で使うくだけた表現です。
また、コンピューターの欠陥などを意味する「バグ」もありますね。
おもしろいやつだと、「隠しマイク」や「盗聴器」、「マニア」という意味もあります。
なんとなく小さなイメージのある隠しマイクや盗聴器はともかく、マニアってどうなんでしょう。

the baseball bugで「野球マニア」?

でも、the book bugで「本の虫(=本好き)」なら、ちょっと理解できますね。

insectのほうは「虫けらのようなやつ」という意味があります。

完全に悪口ですね。

bug、insect以外にもある!?「虫」の表現

bugとinsectは「昆虫」だという話をしました。
じゃあ昆虫じゃないほかの虫は、どう呼べばいいのでしょうか。
たとえば上の写真のようなニョロニョロのやつ。
体が3つのパートに分かれていないし、脚もたぶん6本じゃないですね。
ほかにも幼虫とか毛虫とか、「昆虫」とは呼べない虫の呼び方を集めてみました。
昆虫の中でも、ちょっと特殊な呼ばれ方をするやつもあります。
「虫」の表現を使いこなしたい方は、参考にしてみてください!

 worm:ニョロニョロはう虫(ミミズなど)
 caterpillar:チョウやガの幼虫(イモムシ・毛虫)
 moth:ガ・服を食い荒らす虫
 cricket:コオロギ系の鳴く虫
 vermin:害虫(シラミやノミ、ハエなど)・寄生虫
 parasete/parasitic worm:寄生虫

bugとinsectの違いまとめ

 bugもinsectも「昆虫」
 insectのほうが広い意味で「虫」を表すこともある
 bugは小さめの昆虫
 アメリカでは普段はbugを使うことが多い

これだけおさえておけば、bugとinsectの使い分けはバッチリだと思います。
ここで最初の疑問にもどりたいと思うのですが、
「私は虫が苦手です」
この文、あなたならどの単語を使いますか?
虫全般が苦手なら、insectになりそうです。
友達とのくだけた会話ならbugでもよさそうですが、相手によっては「小さい虫が特にだめ」というふうに伝わってしまうかもしれません。
ニョロニョロ系が苦手な方はwormが、幼虫が苦手な方はcaterpillarが使えそうです。
英語なら「どんな虫が苦手か」まで伝えられて、おもしろいですね。

\こどもえいごオンライン WORLD GO!GO!配信スタート/

※世界各国の文化と共に楽しんで英語を学べます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です