英語の必要性は今後もなくならない! 勉強しないと損する3つの理由

最近はテクノロジーの進化がすさまじいですよね。
たとえばグーグル翻訳。
精度がどんどん上がってきています。
中学生のころ、英語が苦手なクラスメイトたちが英語の宿題をグーグル翻訳でやっていました。
そのころはまだあまり精度がよくなくて、中学生の私から見てもムチャクチャな文になっていたのを覚えています(当然、先生にもバレバレでした)。
ところが最近のグーグル翻訳はとても正確なんですよね。
ちゃんときれいな英文になっている、と知り合いのネイティブもいっていました。
これなら、もう辞書を片手に苦労して翻訳する必要がないわけです!
「じゃあもう英語なんて勉強しなくていいや」
「がんばっても思ったようにペラペラになれないし」
「海外で仕事しようとも思わないし」
でも、ちょっと待ってください。
本当にそうでしょうか?
じつは、英語の今後の必要性を甘く見ていると、困ることがたくさんあるんです!

スポンサードリンク



1. 翻訳アプリはじつはそれほど使えない

確かに翻訳機器やアプリは精度を上げています。
中学生の宿題くらいなら、余裕でできあがることでしょう。
しかし、こういった機器やアプリにはある欠点があるんです。
それは、日常生活や仕事の場面では使いづらいということ。
具体的に考えてみましょう。
あなたにアメリカ人の友達ができたとします。
町であなたを偶然見かけた彼女が、楽しそうになにか話しかけてきました。
しかしあなたは英語がわかりません。
そこでスマホを取り出します。
翻訳アプリを起動させ、「もう一回いって」とジェスチャーでアピール。
彼女はさっきの言葉をくりかえします。
自動翻訳を待ちます。
少しの間の後、翻訳された日本語を機械音声が読み上げます。
あなたはそれを理解した後、マイクに向かって日本語で返事をして、少し待って、英語訳の機械音声を彼女が聞いて、また英語で返事をして……
って、これ、かなりめんどくさいですよね。
このように、機械にたよっているとコミュニケーションがぎこちなくなるんです。
ビミョーな時間差があるので盛り上がらないし、少しくらいまちがって伝わっていても気づかない可能性も。
友達との会話ならまだいいですが、これが仕事の大切な話だったら非効率的すぎます。

2. 仕事相手といい関係が築けない

機械にたよってばかりだと、仕事での信用や評価にも関わるんです。
たとえば、翻訳アプリにたよっているAさんと、つたない英語でもがんばって伝えようとしているBさんがいるとしましょう。
これからビジネスの話をするとして、AさんとBさん、あなたならどちらの意見を聞きたいと思いますか?
多くの人は自然とBさんを選びます。
たとえ下手な英語でも、直接話したほうが、その人の意見がより強く伝わってくるからです。
がんばっているのがわかって、好感度も高くなります。
逆に、「翻訳アプリ使ってる人と話したい!」という人は少ないと思います。
いちいち機械を通さないとやり取りができないのは、かえって不便です。
機械音声なので気もちが伝わりづらいし、自分の力で伝える努力をしていないので印象もよくありません。
「機械があるからいいや」と英語を勉強しないでいると、大事なビジネスチャンスも逃してしまうかもしれないんです。

3. グローバル化の波に取り残される

グローバル化という言葉が使われ始めてけっこうたちますが、まだまだその波は終わりません。
というか、これからもっともっと大きな波になっていくでしょう。
仕事でも日常生活でも、まわりに外国人がいるのがあたりまえになります。
彼らとコミュニケーションを取るなら、やっぱり英語が必要です。
つまり、英語さえできれば、世界中のいろんな人と話ができるということ。
世界の人や文化とつながれる大チャンスです。
海外の文化や考え方を知ると、自分の常識が大きく変わります。
英語を勉強すれば、そんな貴重な経験ができるんです。
「いや海外の文化とか興味ないし」という人もいるでしょうが、そんな人だって英語と無縁ではいられなくなります。
なぜなら、これからは日本で働く外国人が増えていくからです。
少子高齢化による労働者の不足。
それを移民で補おうという話は、聞いたことがあると思います。
つまりこれからの時代、仕事の同僚が外国人ばかりという状況もありうるわけです。
仕事仲間とまったくコミュニケーションを取らない、というのは無理がありますよね。
英語ができないと仕事ができません。
だから英語の必要性はむしろ、今後どんどん高まっていくんです。

英語の今後の必要性まとめ

 翻訳アプリはそこまでたよりにならない
 英語ができないと仕事の評価や信頼に関わる
 グローバル化した社会では、英語がないと生きていけない

英語を捨てることは損でしかありません。
テクノロジーに期待しすぎず、ちゃんと勉強するのが大事だと思います。
海外で仕事をするのでなければ、日常会話レベルで十分です。
私も英語がわかるようになってから、今まで知らなかった知識や考え方をたくさん手に入れることができました。
友達も増えたし、大学の勉強や仕事の役にも立っています。
英語をがんばれば、未来の可能性は大きく広がりますよ!

 

その第一歩になるオンラインサービスがあります

 

\こどもえいごオンライン WORLD GO!GO!配信スタート/

※世界各国の文化と共に楽しんで英語を学べます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です