こども英語推進委員会 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

未来の東大阪市は英語先進自治体になる

東大阪市はものづくりの街、ラグビーの街、と言われています。外国からの選手やワールドカップに伴う観光客、企業での人材採用、と英語を日常に使う日も遠くはありません。

ご存知のように、2020年には学校教育の英語授業内容が大きくかわります。

どのくらい変るかと言うと、「中学生になったら英語が話せるようになる」のを理想として学習が進められるのです。

今の小学4年生があと2年で英語が話せるようになるでしょうか

今年1年生が3年生から、どれだけ優れた教師に英語を習うことができるのでしょうか

どれをとっても、現実はかなり厳しい、、とみなさん感じることと思います。

そんな中で私達は、日々の生活の中で英語のある環境つくり、街全体が英語に親しむ場つくり、を目的に立ち上がりました。

今年は みんなで歌おう!「World in Union」を開催します。

詳しくはこちらをご覧ください

代表 瀬戸かすみ 団体規約

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

// navbarfixedtop.js